リリース情報

リリース情報 Metasequoia 4 Ver4.8.4a リリース (2022/11/23)

Metasequoia 4 Ver4.8.4aをリリースしました。

OpenGL(Windows)およびmacOS使用時にメモリを浪費してアプリケーションが異常終了する問題を修正しました。詳細はリリースノートをご参照ください。

リリース情報 Metasequoia 4 Ver4.8.4 リリース (2022/11/02)

Metasequoia 4 Ver4.8.4をリリースしました。主な変更点は

  • 選択コマンドの接続面に角度制限の設定を追加
  • 移動コマンドにハンドルの向き固定
  • glTFシェーダの拡張に「虹ムラ」が追加
  • 材質設定にパストレーシング用の「間接照明」の設定を追加

となります。その他、細かい改良や不具合修正も複数含まれます。詳細はリリースノートをご参照ください。

なお、本リリースからmacOS版は10.15 (Catalina)以降が動作対象となります。macOS 10.14 (Mojave)では動作しませんので、macOSをCatalina以降にアップデートしてご利用いただくか、またはVer4.8.3bのままご利用ください。

虹ムラについて

glTFの仕様に最近追加されたIridescene拡張に対応しました。CD/DVDの記録面やシャボン玉のように、光の反射が虹色に見える現象を再現します。

虹ムラ

虹ムラ例

虹ムラを使用する時は環境マップを適用してください。通常の平行光源のみの状態では変化がわかりづらいです。

間接照明について

材質設定で[間接照明]をオンにすると、周囲のオブジェクトを照らしますが、光源用オブジェクトそのものは視野内にあっても直接可視化されない状態を作り出します。物理的には正しくありませんが、光源そのものが見えると邪魔になるケースにおいて有効な作画方法となります。

左:間接照明オン 右:間接照明オフ(通常)

間接照明の設定はパストレーシング時にのみ反映されます。間接照明オンの左側の図ではライティングはされていますが、球状の光源自体は見えないのがわかります。

なお、間接照明をオンにすると、光源オブジェクト自体での自己遮蔽がなくなるためなのか、同じ光源強度でも全体が明るくなるようで、上の例では露光を調整しています。(この仕様については今後変更される可能性もあります)

リリース情報 Metasequoia 4 Ver4.8.3b リリース (2022/05/27)

Metasequoia 4 Ver4.8.3bをリリースしました。本バージョンではglTFシェーダにおける光沢の表示の修正など、数件の不具合修正・細かい改良を行っています。

詳細はリリースノートをご参照ください。

リリース情報 Metasequoia 4 Ver4.8.3a リリース (2022/04/28)

Metasequoia 4 Ver4.8.3aをリリースしました。

本リリースでは3件の不具合を修正しています。詳細はリリースノートをご参照ください。

FBX出力時や、Intel Macでパストレーシングレンダリング時に異常終了を引き起こす重要度の高い修正が含まれますので、早急にアップデートしてご利用ください。

リリース情報 Metasequoia 4 Ver4.8.3 リリース (2022/04/20)

Metasequoia 4 Ver4.8.3をリリースしました。

今回の更新ではglTFへの対応を強化し、glTF 2.0の仕様策定後に追加された下記の物理ベースレンダリング(PBR)向け拡張に一通り対応しました。

  • クリア塗装 (Clearcoat)
  • 屈折 (IOR)
  • 光沢 (Sheen)
  • 反射光 (Specular)
  • 透過 (Transmission)
  • ボリューム (Volume)
  • 照光なし (Unlit)

glTFシェーダに追加された各パラメータは、リアルタイムのプレビュー表示、パストレーシングレンダリングどちらにも反映され、従来よりもずっと高度な質感表現が可能になりました。

また、[計測]機能に放射状に厚みを計測できるようになりました。glTFのボリューム設定時に併用する「厚さマップ」を生成するためにも利用できます。

本リリースではその他、若干の修正も行われています。詳細はリリースノートをご参照ください。

厚さマップの生成は手順が少し複雑ですので、別の記事で解説します。物理ベースレンダリング・glTFについて、その概要や操作方法などを何回かに分けて記事を公開予定ですのでこうご期待。

リリース情報 Metasequoia 4 (Ver4.8.2a) リリース (2022/03/07)

Metasequoia 4 Ver4.8.2をリリースしました。今回は小幅な修正・改良にとどまりますが、若干説明が必要な個所について補足します。

パストレーシングレンダリングの改良

glTFのAlphaモードに対応し、半透明がプレビューと同様の表示になりました。また、半透明箇所を透過してできる影も正確に描写されるようになっています。

法線モーフについて

FBX出力時に「法線モーフ」としてモーフオブジェクトに設定されている法線情報も出力できるようになりました。受け側ソフトで対応している場合に法線モーフが適用可能で、現在Unityで対応していることを確認しています。

Unityで法線モーフが設定されたFBXファイルをインポートする場合、[Blend Shape Normals]に[Import]を指定してください。

ただしFBXの制約上として、頂点を共有する面で異なる法線を持つことができず、単一化された法線としての出力となります。また、FBXかUnityのどちらか(または両方?)の制約なのか、頂点を動かさずに法線のみを変更したデータを取り扱うこともできないようで、法線を変更した頂点は見た目に影響しない程度にほんの少しだけ移動してください。

その他の詳細な変更点についてはリリースノートを参照ください。

リリース情報 Metasequoia 4 (Ver4.8.2) リリース (2022/02/25)

Metasequoia 4 Ver4.8.2をリリースしました。

主な改良点を紹介します。

パストレーシングレンダリングのボケ対応

3DCGソフトではしばしば被写界深度機能とも呼ばれる「ボケ」の表現に対応しました。焦点位置よりも手前や奥にある物体をぼかしてレンダリングします。

ぼけ具合は一般的なカメラと同様に「F値」で調整できますが、実際のカメラとは異なり露光量への変化はありません。

F値=2.0

F値=8.0

ボケを有効にしてもレンダリング時間の総量には変わりありません。ノイズ低減と組み合わせることもできるので、短時間で高品質なレンダリング結果を得ることができます。

法線方向への移動の強化

以前から[移動]コマンドに搭載されていた法線方向への移動ですが、頂点ごとにその法線方向へ移動するオプションが新たに追加されました。

また移動方向は、選択面のみの法線方向か、頂点を囲むすべての面の法線の平均方向のどちらかを指定することもできます。

FBX出力の強化

FBXファイルへの出力において、glTFシェーダを使用している場合に、Mayaで使用されるStingray PBRシェーダに変換して出力できるようになりました。受け側ソフトがStringrayシェーダに対応している場合に、glTF(glb)形式以外に物理ベースのシェーダパラメータを受け渡し可能な選択肢としてご利用いただけます。対応しているソフトが限られることから、デフォルトは従来通りのPhongでの出力となります。

また、頂点・面のないオブジェクトはNullノードとして出力されるよう変更されています。

転写機能の強化

頂点カラーの転写に対応したほか、UV操作・法線の転写も若干改良されました。

その他の変更点や不具合修正についてはリリースノートをご覧ください。

リリース情報 Metasequoia 4 (Ver4.8.1a) リリース (2021/12/25)

Metasequoia 4 Ver4.8.1をリリースしました。

異常終了を引き起こす不具合など3件の修正を行っております。今回は新機能はありませんが、早めにアップデートしてご利用いただくことをお奨めします。

具体的な変更点についてはリリースノートをご覧ください。

リリース情報 Metasequoia 4 (Ver4.8.1) リリース (2021/11/12)

Metasequoia 4 Ver4.8.1をリリースしました。

今回は主に既存機能の使い勝手を良くするための変更が行われており、それぞれ数件の改良と不具合修正を含みます。具体的な変更点についてはリリースノートをご覧ください。

リリース情報 Metasequoia 4 (Ver4.8.0a) リリース (2021/10/28)

Metasequoia 4 Ver4.8.0aをリリースしました。今回は不具合修正のみで、下記の項目について修正を行っております。

  • オブジェクト名などに特定の言語の文字を含むとmqoファイルを読み込めないことがある。
  • レンダリング結果をHDRオプションをオフにするとexrファイルに出力できない。
  • 編集モードのカスタマイズでコマンド埋め込みされた[UV操作]を選択すると異常終了する。
  • [格子]の変形に対するアンドゥ時に異常終了することがある。
  • 一部シェーダが背面の色別表示に対応していない。
  • 日本語環境のmacOSで、初回起動時にデフォルトの言語設定が英語になっている場合がある。