エディション間比較

Metasequoia 4には、Standard/EXの2種類のライセンスが提供されます。
各エディションおよび旧バージョンとの主な機能の比較は以下の通りです。

Metasequoia 4(Ver4.5)
Metasequoia
Ver3.1
ライセンスキー
なし
Standard EX
64bit対応 x ○ ○ ○
macOS/OSX対応 (New in Ver4.5) × ○ ○ ○
高解像度モニタ対応ベクターベースGUI × ○ ○ ○
多角形(5角以上)の対応 × ○ ○ ○
頂点・辺・面へのスナップ × ○ ○ ○
穴埋め × ○ ○ ○
ブリッジ × ○ ○ ○
フィレット × ○ ○ ○
文字オブジェクトの作成 × ○ ○
mmなどの単位表示 × × × ○
ローカル座標・階層化 ○ ○ ○ ○
ポリゴンリダクション ○ ○ ○
頂点カラー ○ ○ ○
アンビエントオクルージョン × × × ○
メタボール ○ ○ ○ ○
OpenSubdiv × ○ ○ ○
曲面の頂点・エッジウェイト ○ ○ ○
アーマチャー × × (*1) ○
パス複製 × × ○ ○
ボーン × × ○ ○
モーフ (New in Ver4.5) × × ○ ○
UV展開図編集 (*2) (*2) ○
彫刻機能 ○ ○ ○ ○
3Dペイント ○ ○ ○ ○
複数光源 ○ ○ ○ ○
リアルタイム影表示 × × ×
正確な半透明表示 ×
凸凹・法線マップ表示 ○ ○ ○ ○
三面図表示 ○ ○ ○ ○
セカンドビュー × × × ○
下絵表示 ○ ○ ○ ○
距離・角度・厚みの計測 × × × ○
ボクセロイド × × (*3) ○
テクスチャ立体化 × × (*3) ○
レイトレーシングレンダリング × × ○ ○
アニメ調レンダリング ○ × ○ ○
RenderMan連携機能(*4) (New in Ver4.5) × × (*5) ○
ユーザープラグイン ○ ×
Pythonスクリプト ×
ファイルブラウザ × ○ ○ ○
独自形式(MQO)入出力 ○ ○ ○ ○
出力:SUF、COB、X、POV、DXF、LWO、3DS、OBJ、
VRML、STL、DAE(COLLADA 1.4)
○ × ○ ○
出力:three.js JSON、PMD × × ○ ○
出力:FBX、PLY、AMF × × × ○
入力:SUF、DXF、LWO、3DS、COB、ROK、OBJ ○ ○ ○ ○
入力:STL × × ○ ○
入力:PMD (New in Ver4.5) × × ○ ○
入力:SVG (New in Ver4.5) × × × ○
入力:FBX、PLY、DAE(COLLADA 1.4/1.5) × × × ○
入力:BMP、JPG、PNG、IFF、TGA、PPM、TIFF、PSD ○ ○ ○ ○
入力:DDS × ○ ○ ○
入力:HDR、OpenEXR (New in Ver4.5) × × × ○

(*1) ねじれの調整、細分割の設定など一部機能に制約があります。
(*2) オブジェクト間でのUVの転写機能は利用できません。
(*3) 解像度の上限に制約があります。
(*4) 別途「RenderMan」(商用版または非商用版)のインストールが必要です。
(*5) レンダリング解像度に上限があります。