Metasequoia BBS

ページ 1 2 3     
/ 232
| 新規投稿 | 通常表示 | ツリー表示 |
状態
タグ
キーワード
[7169] ウェイトについて / 七司
[質問] 返信
メタセコイアVer4.5.9(64bit)を使っています。
ウェイトについてなのですが、ウェイトの数値を10など低い数値にしても、数値を100にした時のようにボーンに付いて動きます。
どのようにすればあまり動かない様になりますか?
2017-08-15 08:40
[7171] Re: ウェイトについて / 管理者
ボーンのウェイトは、頂点ごとに全ボーンのウェイトの合計値が必ず100になるよう設定されます。自動正規化をOFFにしていても、スキンの変形時に自動的に調整されるため、1つのボーンだけを10に設定するということはできません。

そのため、動かないボーンを用意してそこに90、動かすボーンに10を割り当てるといったことが必要になります。
2017-08-16 10:25
[7172] Re: ウェイトについて / 七司
わかりました。ありがとうございます。
2017-08-16 18:11
[7167] ver4に関して / とり
[質問] 返信
メタセコイヤver4に関して。
object名やmaterial名設定時[_]の表示がされないのが気になりますが、これはプログラム上の仕様で今後修正の予定は無いのでしょうか。
現状でも見えていないだけで テキストなどにコピー・ペーストした際に存在はしているので大した問題ではないですが。可能であれば。
2017-08-13 13:38
[7170] Re: ver4に関して / 管理者
アンダーバーも普通に表示されるはずですが、環境設定でフォントをデフォルト(メイリオまたはMS Pゴシック)以外を指定していたりということはありませんか?
2017-08-16 10:20
[7008] MQDrawPolygon / tamachan
[アナウンス] 返信
https://github.com/devil-tamachan/MQDrawPolygon
SAI/AzPainter2などで描いた形をポリゴン化するメタセコイア4用プラグイン
2017-05-06 23:31

途中の1件のメッセージを表示

[7168] Re: MQDrawPolygon / tamachan
・面に貼ったテクスチャを変換するモード追加
・立体テクスチャ機能追加(メタセコイア標準機能と紛らわしいですが別機能)
 立体テクスチャ機能のサンプル: https://sketchfab.com/models/4fba4b3fafb443479340ae8cfa9b1942
2017-08-14 23:34
[7162] ウエイト情報の消失 / かたつむり
[不具合報告,ウエイト スキニング] 返信
お世話になります。

メタセコイアv4.5.9 32bitでMMDモデルの作成中ですが、作業中になんらかの理由で設定済みのウェイト情報が消失する現象に悩んでおります。

もっとも最近ではPMD出力を終え、そちらでスキニングに問題の無かったモデルでこの現象を確認しており、mqo側は最後に調整した一部のオブジェクトのものを除いてウエイト情報が完全に消失していますが、同モデルから出力されたpmdモデルではモデル全体に問題なくウエイトが反映されています。

また、作成中モデルのバージョンを遡って確認したところ、直前のモデルでは、ウエイトのペイントモードでは画面上ではスキンにボーンカラーが乗った状態で表示されるものの、実際に各頂点をチェックしてもウエイト値が確認できず、スキニングモードでのボーンタブでポージングを行っても、ポーズが反映されないデータも存在していることが分かりました。

数日前も同様の現象があり、この時は私の操作ミスなどを疑い、また作業量的にも問題の無いレベルだったため、バージョンを遡ったモデルから作業をやり直しましたが、今回同様の現象が発生し、かつ作業量的にもやり直しは難しいと感じたため報告させていただきました。

現時点では私の作業手順や操作に関する問題などの可能性も否定できませんが、上述のボーンカラーが塗られながらも変形しないスキンメッシュのモデルの存在を確認するに至り、ソフトウェア側の不具合の可能性もチェックして頂きたく存じます。

この問題の回避方法、また私の理解不足や誤操作の可能性、さらには破損したと思われるモデルデータの復旧方法などがありましたら、ご教授いただけますと幸いです。

2017-08-09 11:45

途中の1件のメッセージを表示

[7166] Re: ウエイト情報の消失 / かたつむり
>こちらはウェイトがない(少なくともそう見える)状態でpmdに出力するとウェイトが付いているというころでしょうか?

どのタイミングでウェイト情報が完全に消失したのかは分からないのですが、作業の流れとしてはpmd出力直後にmqoで保存したように記憶しています。出力されたpmdは問題なし、保存されたmqoはウェイト消失状態となっていました。

>文章だけでは原因・可能性を挙げることしかできないので、実際にデータを確認してみたいのですが、mqo/mqxファイルのセットをいただくことは可能でしょうか?もしできるのでしたら弊社サポートまでメールでお送りいただければ幸いです。
はい、では後ほどサポートにメールさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
2017-08-10 14:42
[7164] Autodesk / たけし
[雑談] 返信
AutodeskがCG関連会社をいくつか買収してますよね。
Metasequoiaは3ds maxと結びつきが強いので、tetrafaceを100億円で買収なんて話は持ちかけられてませんか?
2017-08-10 06:50
[7160] コマンドパネルのスクロール / TK
[質問] 返信
お世話になります。ご質問なのですが、
左メニュー(コマンドパネル)をスクロールさせるとパネルがカクカク状態でスクロールされます。
アクティビティモニタで確認したところ、CPU使用率が90%くらいまで上がっていました。
やはりマシンのパワー不足でしょうか?

動作環境
Metasequoia Ver 4.5.9
Mac mini(Late 2012)
CPU:Core i-7/メモリ 16GB
Intel HD Graphics 4000 HD (1536MB)
macOS Sierra 10.12.6
2017-08-08 23:21

途中の1件のメッセージを表示

[7163] Re: コマンドパネルのスクロール / TK
>若干古いMacということもあるとは思いますが、新しくて性能のいいMacを使ってもそれなりにカクカクはします。

ご回答ありがとうございました。
2017-08-09 13:00
[7114] 4.6β不具合、要望 / まじかる☆しげぽん
[不具合報告,Ver4.6.0beta] 返信
・MQOファイルをダブルクリックで開けない。
32、64bitともMQOファイルをダブルクリックで開こうとしてもメタセコが立ち上がりますがMQOファイルが読み込まれません。

・法線の平均化がオブジェクトが分かれてると動作しない。
同一オブジェクト内で切断されている部分は平均化できますが、オブジェクトが別オブジェクトになっていると平均化できません。
顔のパーツなどオブジェクトを分けた状態で平均化するのは普通に行うことなので、別オブジェクトでも平均化できるようにしてほしいです。
別オブジェクト間でのその他の処理はまだ未検証です。

とりあえず、2点ほどになります。

Metasequoia 4 Ver4.6 Beta1 (32bit) is running.
Windows version : 10.0  Build:15063  (x86)

Number of CPU : 8
Physical memory : 16351 MB
Direct3D11 Driver: NVIDIA GeForce GTX 970
    DeviceID: 5058
    SubsysID: 913904728
    Revision: 161
    FeatureLevel: 11.0
2017-07-24 22:07

途中の16件のメッセージを表示

[7159] Re: 4.6β不具合、要望 / まじかる☆しげぽん
・Matcap表示時のテクスチャを重ねて表示する処理は残してほしい

>Matcap表示時にはテクスチャを重ねずに表示されるようになりました。

とありますが、Matcapを表示した際にテクスチャを重ねて確認する場合もあります。
そのため、Matcapをオンにした場合にビューポートの表示のテクスチャの表示状態を記憶しておいてほしいです。


1.通常表示でビューポートの表示>テクスチャをオンにした状態にしておく
2.Matcapモードをオンにして、表示>テクスチャをオフにする
3.Matcapモードをオフにする。表示>テクスチャがオンに戻る。
4.もう一度Matcapモードをオンにする。Matcapモード時の表示設定が記憶されていて表示>テクスチャがオフになる。

こういう感じです。
これなら、Matcapモードでテクスチャ表示を重ねて確認したい時もあるけどMatcapモードをオンにした時に、テクスチャをオフの状態ですぐ確認できると思います。
2017-08-08 16:49
[7152] 保存時にクラッシュしてファイルが壊れる / まじかる☆しげぽん
[不具合報告,Ver4.6 beta2] 返信
メタセコVer4.6beta2 32bitで保存時にクラッシュしてファイルが破損しました。
クラッシュ時にバックアップされるファイルも破損していました。
同じファイルを、別に取っていったバックアップから開きなおして保存したところまたクラッシュして同様に破損しました。
64bitではクラッシュしませんでした。
他に開いてるアプリを終了して32bitで保存したところクラッシュしなくなりました。
32bit版によるメモリ不足による問題でしょうか?
以下2回分のクラッシュログです。

Metasequoia 4 Ver4.6 Beta2 (32bit) is running.
Build time: Aug  1 2017 11:32:42
Windows version : 10.0  Build:15063  (x86)
Number of CPU : 8
Physical memory : 16351 MB
Direct3D11 Driver: NVIDIA GeForce GTX 970
    DeviceID: 5058
    SubsysID: 913904728
    Revision: 161
    FeatureLevel: 11.0

Exception code: c0000005 (EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION)
Access violation at address 00F02219. Read of address 00000000.
Module: C:\Metasequoia4_x86\Metaseq.exe

0x00F02219 Metaseq.exe: SaveObject + 3641 bytes
0x00F04F2E Metaseq.exe: SaveMetaseqFile + 5518 bytes
0x00F7B7C1 Metaseq.exe: TFormMain::DocumentSave + 1201 bytes
0x00F7CA90 Metaseq.exe: TFormMain::MenuSaveClick + 16 bytes
0x00D331AD Metaseq.exe: MTEventClosure<PyMQWidgetCallback<PyMQButton> >::invoke + 45 bytes
0x623C9D4E MTKit.dll: MTObject::invokeCallback + 94 bytes
0x623C4CBA MTKit.dll: MTMenuItemWidget::click + 442 bytes
0x62403B8A MTKit.dll: MTWindow::executeMenuShortcut + 1354 bytes
0x00F6B573 Metaseq.exe: TFormMain::FormKeyDown + 131 bytes
0x00D331F0 Metaseq.exe: MTEventClosureWithArg<CommandBlobProcess,MTKeyEventArgs>::invoke + 48 bytes
0x623C9DDF MTKit.dll: MTObject::invokeCallback + 95 bytes
0x623FF1F9 MTKit.dll: MTWidget::onKeyDown + 57 bytes
0x624033B3 MTKit.dll: MTWindow::onKeyDown + 51 bytes
0x62373CEA MTKit.dll: MTApplication::wndProc + 2250 bytes
0x74A02B5B USER32.dll: AddClipboardFormatListener + 4715 bytes
0x749F50F3 USER32.dll: DispatchMessageW + 2227 bytes
0x749F4A82 USER32.dll: DispatchMessageW + 578 bytes
0x749F4850 USER32.dll: DispatchMessageW + 16 bytes
0x62375420 MTKit.dll: MTApplication::enterEventLoop + 400 bytes
0x62375289 MTKit.dll: MTApplication::execute + 9 bytes
0x011D3E76 Metaseq.exe: __scrt_common_main_seh + 246 bytes
0x76918744 KERNEL32.DLL: BaseThreadInitThunk + 36 bytes
0x76F2582D ntdll.dll: RtlGetAppContainerNamedObjectPath + 253 bytes
0x76F257FD ntdll.dll: RtlGetAppContainerNamedObjectPath + 205 bytes

Metasequoia 4 Ver4.6 Beta2 (32bit) is running.
Build time: Aug  1 2017 11:32:42
Windows version : 10.0  Build:15063  (x86)
Number of CPU : 8
Physical memory : 16351 MB
Direct3D11 Driver: NVIDIA GeForce GTX 970
    DeviceID: 5058
    SubsysID: 913904728
    Revision: 161
    FeatureLevel: 11.0

Exception code: c0000005 (EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION)
Access violation at address 00F02219. Read of address 00000000.
Module: C:\Metasequoia4_x86\Metaseq.exe

0x00F02219 Metaseq.exe: SaveObject + 3641 bytes
0x00F04F2E Metaseq.exe: SaveMetaseqFile + 5518 bytes
0x00F7B7C1 Metaseq.exe: TFormMain::DocumentSave + 1201 bytes
0x00F7C22F Metaseq.exe: TFormMain::DocumentSaveAsWithFilter + 1359 bytes
0x00F7BCB7 Metaseq.exe: TFormMain::DocumentSaveAs + 407 bytes
0x00F7CAAC Metaseq.exe: TFormMain::MenuSaveAsClick + 12 bytes
0x00D331AD Metaseq.exe: MTEventClosure<PyMQWidgetCallback<PyMQButton> >::invoke + 45 bytes
0x623C9D4E MTKit.dll: MTObject::invokeCallback + 94 bytes
0x623C52C5 MTKit.dll: MTMenuItemWidget::onLeftButtonUp + 869 bytes
0x623C50CD MTKit.dll: MTMenuItemWidget::onLeftButtonUp + 365 bytes
0x62374656 MTKit.dll: MTApplication::wndProc + 4662 bytes
0x74A02B5B USER32.dll: AddClipboardFormatListener + 4715 bytes
0x749F50F3 USER32.dll: DispatchMessageW + 2227 bytes
0x749F4A82 USER32.dll: DispatchMessageW + 578 bytes
0x749F4850 USER32.dll: DispatchMessageW + 16 bytes
0x62375420 MTKit.dll: MTApplication::enterEventLoop + 400 bytes
0x62375289 MTKit.dll: MTApplication::execute + 9 bytes
0x011D3E76 Metaseq.exe: __scrt_common_main_seh + 246 bytes
0x76918744 KERNEL32.DLL: BaseThreadInitThunk + 36 bytes
0x76F2582D ntdll.dll: RtlGetAppContainerNamedObjectPath + 253 bytes
0x76F257FD ntdll.dll: RtlGetAppContainerNamedObjectPath + 205 bytes
2017-08-04 02:55

途中の5件のメッセージを表示

[7158] Re: 保存時にクラッシュしてファイルが壊れる / 管理者
データ依存の不具合のようで再現ができないので、データがないことにはなんともわからないですね・・・
2017-08-04 18:05
[7149] 開くフォルダを現在開いているファイルのフォルダにしてほしい / まじかる☆しげぽん
[要望] 返信
ファイル>開くで参照するフォルダを現在開いているファイルのフォルダを参照してほしいです。

現状、前回に保存を行ったフォルダを参照するようになっておりメタセコを立ち上げてファイルを読み込んでも、そのファイルを保存しない限り以前に保存したファイルの場所が参照されるのでとても使いづらいです。

【例】
1.「D:\Data\ProjectA\model.mqo」というファイルを保存する
2.開くでファイルを開くときに、「D:\Data\ProjectA\」が参照される
3.「D:\Data\ProjectB\model.mqo」というファイルを開く
4.同じフォルダに入ってる別のmqoを開こうと「開く」を実行すると
  前回別のファイルの保存フォルダの「D:\Data\ProjectA\」が参照される

というように、すでに作業が終えた場所を参照されるので毎回パスをコピーしたりして今開いてるファイルの場所を指定しなおさないといけなかったりしてかなり面倒です。
これを現状開いてるファイルのフォルダを参照するようにすればそのような煩わしいことは不要のはずです。

対応宜しくお願いいたします。
2017-08-03 19:05

途中の1件のメッセージを表示

[7151] Re: 開くフォルダを現在開いているファイルのフォルダにしてほしい / まじかる☆しげぽん
さらに検証したところ、「上書き保存」では開くで参照先が変わらず「名前を付けて保存」された場合のみしか開くの参照先が更新されないようです。
なんかいつまでも古いファイル作業したときの場所参照しているなと思ったら上記のようでした。
2017-08-03 22:07
[7146] サンプルのpyファイルの解説記事 / たけし
対応済み [質問] 返信
Metasequoiaに最初から入っているサンプルのpyファイルを、僕が書く記事で解説してもOKでしょうか?
2017-08-03 11:30

途中の1件のメッセージを表示

[7148] Re: サンプルのpyファイルの解説記事 / たけし
わかりました。
ありがとうございます。

>記事を書くこと自体は構わないですが、内容が間違ったものを掲載されるのはさすがに困りますので、原稿ができた時点で一度弊社サポートへ問い合わせいただけると幸いです。
2017-08-03 15:39
最新 前のページ 次のページ